面白い写真入りの名刺

会社員になったとき、名刺交換てめんどくさくて苦手でした。上司に促されてしぶしぶ名刺を出したけれど、名刺を切らしたときはメールで済ませていたくらいなので。でも、やはり社会人としてはきちんと名刺の交換をしなくてはいけません。しかし、私の会社は派手なデザインの名刺を使用していたので、初対面の人に渡すのがけっこう憂鬱です。さらには、自分の写真と一言自己紹介を名刺のデザインに取り入れることになりました。なので、自分の写真入りの名刺が出来上がり、人に渡す機会があるたびに、恥ずかしい思いをすることも良くありました。でも、今は名刺作成をすることのが楽しくて仕方がありません。なぜってそれは、派手なデザインの名刺のことで会話が弾み取引先にもいい印象が持たれるからです。一言自己紹介の言葉を考えるのも、仕事がうまくいくように思うだけで、楽しいんです。今まで撮った写真から、ベストショットを選ぶのもとっても楽しい作業です。同僚と、この写真が一番可愛いとか、この写真は背景もきれいだとか、こっちの方が洋服も可愛いなどと相談しながら、ベストショットの一枚を選んでいくのです。そして、選んだ写真をパソコンに取り込んで、張り切って名刺作成を依頼しました。名刺作成が簡単に依頼できる業者なんかもいるのです。張り切ってオリジナルなものを作りたいなと思い、写真や自己紹介の言葉を工夫して作ることにしました。あまり高度なことはできないのですが、思う存分自分の納得のいくものにしたかったんです。会社の業務が終わった後や休みの日のタイミングでコツコツ作って、1日かけて自分の納得のいくものができました。同僚にも見てもらうと褒めてもらえるくらいの渾身の写真と自己紹介です。上司の許可が出たので、それを印刷を依頼しました。以前は苦痛に感じていたコメントを書く作業も、ものすごく楽しいものでした。そして、一昨日無事に名刺作成が出来上がりました。自分で手をかけた名刺が、あっちこっちの知り合いの手に渡るのかと思うと、それだけで幸せな気持ちになれるものですね。この作業のおかげで、名刺作成がとても楽しいものになりそうです。自分の写真やメッセージを送ることだけでなく、会話が弾むことを考えるだけで、楽しめそうなんです。でも、次回は、同僚たちと面白い写真を撮って名刺作成を使用かなと思っています。名刺作成には毎年こだわっていて、自分でデザインしたものを作っています。最近の

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です