年賀状を書く人が減少している

年賀状は、日本のお正月の風物詩のひとつですよね。
1年間お世話になった人に向けて感謝の気持ちを伝えると同時に、今年も1年よろしくお願いしますという挨拶も出来るとても素晴らしい文化だなと思います。
ですが、最近は若い人たちを中心に年賀状を書く人が激減してしまっているそうなんです。
といっても、新年の挨拶をする習慣までがなくなってきたのではなく方法が変わってきたんです。
はがきで送るのではなく、メールで新年の挨拶をするのが最近の普通になりつつあるようです。
実際に私も、ここ2.3年は年賀状はほとんど書かずにメールで済ませてしまっています。
年賀状を出すには、文章や絵だけではなく宛名書きが必要になってきてしまうのでどうしても面倒臭いと感じてしまいます。
その点メールなら、元々登録しているメールアドレスにいつものようにメールを作成するだけでいいので簡単で送りやすいなと感じます。
年賀状をメールで済ませてしまうことについて、私は反対しませんが将来1人も年賀状を送る人がいなくなって、はがきで年賀状を送るという文化がなくなってしまうのはとても悲しいことだと思います。
なので、本当にお世話になったなと感じた人にははがきで年賀状を送り、それ以外の人にはメールで年賀状を送るなど、それぞれが毎年少しずつでも年賀状を書くようにしていくといいのではないでしょうか。
はがきで1枚1枚年賀状を作ったほうが相手に気持ちも伝わりやすいと思いますし、貰ったほうも送ったほうもなんだか嬉しい気持ちになれると思います。
それぞれの個性がたっぷりの年賀状は眺めているだけで嬉しくなります。
送る相手のことを想いながら年賀状を作れば、作っているときも面倒臭いという感情よりも楽しいという感情の方が大きくなっていくと思いますよ。
ここ何年も、はがきで年賀状を送っていないという人も今年はぜひチャレンジしてみて欲しいなと思います。
私も、1枚1枚一生懸命年賀状を作っていた小学生や中学生の時の自分を見習って今年はメールではなくはがきで年賀状を送ってみようかなと考えています。
メールでの年賀状ももちろんいいと思います。
感謝の気持ちを伝える方法は人それぞれだし、相手のことを想いながらやっているのならそのどれもが正解だと思います。
気持ちを伝える1つの方法として、はがきで年賀状を送ってみませんか。
メールの時とはまた違った嬉しさを感じることが出来ると思いますよ。
日本の素晴らしい文化である年賀状を、これからもずっと守っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です